徳島でITとあなたを結ぶお手伝いをしています
IT顧問出退勤管理システムIT活用まんが

効率的に

2017-05-24

今日は少し天気が悪く、午後から雨が降るのでしょうか・・・
一応ムスコには傘を持たせました。

 

さて、「効率化」と言う言葉

ボクもことあるごとに使っている言葉ですが、この言葉をネガティブなイメージを持っている人が多い気がします。

 

「小学生の放課後」
たくさん遊びたい!と言う目的を達するために・・・
・「効率的」に宿題をこなす
学校からの帰り道、日記に書く内容を考えておく
宿題のプリントやノートをランドセルの一番上に入れておく
・「効率的」に翌日の時間割をする
ランドセルから一旦全部出す、、、のでなく、不要なものを出し、必要なものを入れる
→やるべきことを「効率的」に早くこなし、遊ぶ時間が増える

 

授業の内容を「効率的」に理解するために・・・
・翌日習うべき教科書にあらかじめ目を通しておく
・宿題を、「こなす」のではなく、「理解するためのツール」と捉え、じっくり取り組む
→授業の開始時点で差が付き、宿題で理解をまとめ、意味のあるものとすることで、「効率的」に理解を進められる

 

同じ「小学生の放課後」でも、目的によって効率化するところが違い、しっかり時間を掛けるところが違います。

 

 

コレを自社の業務に置き換えると、時間を掛けてじっくり取り組むこと、作業としてサッと終わらせるべきことを整理することで、業務の効率化を図れますね。

場所を選ばない仕事

2017-05-23

今日も暑いですね!

風が心地いいので外で仕事をしようと思います(*^_^*)

 

 

まだ日陰のある午前中だけ・・・

 

仕事を工夫することで、どこにいても同じ仕事をすることが出来ます。

 

職種によるでしょうが・・・

 

 

ボクの場合、ココでお客様の対応もできちゃいます(*^^)v
サポートもできちゃいます。

 

もちろん、離籍時は筐体も一緒に持っていきますよ。

データを外に置かない-クラウド化とセキュリテ ィ

2017-05-22

クラウド化が猛威を振るっております(^^;)

シャハルでも勤怠管理サービスをクラウドで運営していたりします。

 

最近ではバックアップを外部のクラウド上に置くような仕組みにしたりもします。

 

少しセキュリティに慎重な方は「外部にデータ置いて大丈夫?」と言われたりします。
セキュリティに関して、十分に慎重になるくらいがちょうどいいと思います。

でも、そこには矛盾があったりもします・・・

 

実は、無意識のうちに外部にデータを置いている人も多いのです。

 

例えば・・・
メールサーバ

 

 

ほとんどの人が外部サービスを使っていませんか?

 

一時的ですが、データを外に置いています。

サービス提供業者が信頼できるのかを見極めたうえで、便利に使うことが大切ですね。

言ってること毎回違うじゃん!

2017-05-19

て人、多いです。
多分ボクも・・・

業務システムの打合せをしていると、そう言った場面よくあります。
本人悪気ないと思います。

でも、ナゼそう言ったことが起こるのか・・・

時々で思いが変わるんでしょうね
タイミングによりインプットされていることが違う

前の打合せの後、誰かと話したことによって考え方が変わったり・・・

それぞれです。

通常、システム開発の現場では途中で仕様を変えることはできません。
正確に言うと、できるけどお金かかるよー!!!てこと

それ言われて諦めた担当者の人も多いハズ

そんな仕組み、とっぱらっちゃえばいいのに

表計算ソフトで手が負えない

2017-05-18

我が家のムスコ氏風に言うと、「グッチャンポ」

MicrosoftExcelなどの表計算ソフトで売上データを集計などをしますよね。

ボクもします。

すんごく便利で高機能なソフトです。

でも、まぁ限界があるので、その限界を見極めて、他に乗り換えるのもひとつの手

MicrosoftAccess
FileMaker
Cybozukintone

細かく開発しようとすると専門家でなければ難しいですが、素人でもある程度自由に作ってデータを整理することが出来るように作られていますよ。

言うこと聞かない

2017-05-17

最近、徳島界隈のSNS上では「言うこと聞かない○○」と言う人が有名ですね(笑)

 

 

ボクのITコーディネータの師匠に言われたことがあります。

 

「医者に行って、どこどこが悪いから薬ください、手術してくださいっていうやつおるか?」
「医者が診察して最適な治療をするだろ!」
「ITコーディネータも同じだ。」
「ユーザーが言ったことをそのままするんじゃなくて、専門家としてどこに問題があるのか、しっかり判断して伝えるように」

 

 

普段仕事をしていてこういった場面は多々あります。

 

お客様から「○○してほしい」と連絡があれば、ボクは必ず根掘り葉掘り聞くんです(^^;)

 

そうすると、当初とは徐々に要件が変わってきたり、問題はそこではなかったりすることがよくあります。

 

 

例えば、「売上伝票入力画面に△△と言う項目を追加してほしい」と連絡があります。
でも、売上伝票入力画面に項目を追加しても、入力する項目 = 手間が増えるだけで何にもなりません。

それはインプットだけでアウトプットがないからです。

資料に表示したい、請求書に表示したい、CSVでExportしたい・・・

 

色々あるはずです。
そして、なぜそこにアウトプットしたいのか・・・

 

それを突き詰めていくと、実は「売上伝票入力画面に△△と言う項目を追加」することに意味はなかったり、それ以外によりよい方法があったりします。

 

結果、当初の「売上伝票入力画面に△△と言う項目を追加してほしい」と言う要望は、「聞かない」と言う結論になっちゃいますね。

ランサムウェアの脅威

2017-05-16

週末からにぎわしており、ご存知の方も多いと思いますが、コンピュータのファイルが暗号化されて使えなくなる身代金要求型のウィルス(ランサムウェア)が大流行しています。

 

ウィウス感染被害は決して他人ごとではありません。

 

 

ITに依存している現代社会、特に事業体に於いては、最悪の場合倒産にまでつながる恐れがあります。

 

社内に専門家を置き、常日頃から対策を講じておく必要があります。

 

 

(独立行政法人情報処理推進機構の注意喚起)
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html

一緒に作り上げて、そこから新たな事業展開をも くろみます

2017-05-15

シャハルのITコンサルティングと業務システムのサービスを掛け合わせた月額固定でサポートする「サポートモデル」

 

開始から1年半ほど経ちますが、ご利用いただいている企業様には喜んでいただいています。

 

企業経営にはITが必須の時代ですが、なかなか専門家を雇用するというのは大変ですからね
いつでも相談できて、踏み込んだコンサルティングや基幹システムの開発までして、CIOや情報システム部門の外注として小規模事業者様には重宝していただけていると勝手に解釈しています(^^;)

 

 

そんな中、新たな展開

 

お客様がシャハルの資源を使って新たな事業に乗り出そうとしているようです。

 

シャハルにとってもありがたく、お客様にとってもメリット、その新事業のお客様にとっても業務効率が格段によくなる
三方よしの新しいカタチ

 

ボクでは考え付かなかった流れですが、こうやって輪が広がっていくとうれしいです♪

緊急対応-予定通りいかないと

2017-05-12

最近、緊急対応が何軒か続いています。

 

基本的にサポートはリモートでしているのですが

 

・何らかの事情でリモートできないお客様
・そもそもネットワークが不調

 

こんな時は訪問します。

 

ただ、「そもそもネットワークの不調」の場合、外向けだけ繋がらないときには、回線業者やプロバイダに問い合わせていただかないとどうにもならないことが多いです。

 

 

そして、ボクの対応

 

できるだけ最短で復旧するよう努めます。

 

システムサポートでもアンケートで
「レスポンスがよくて助かっている」
とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

 

 

今朝、ふと考えました。

 

 

誰のため?

 

誰のために最短で対応するの?

 

 

ボクはとてもせっかち
落ち着かないことが苦手で、現状の問題はすぐにでも解決したいのです。
そういう訳で、できるだけ素早く対応できるように「心がける」訳でなく、そうしたいんです。

 

と言うことは、自分のため?
お客様が困っているから急いで対応ではなく、自分が安心したいから急いで対応しているのでは?

 

それってどうなんだろ?
結果が伴っているからいいのか?

 

 

そうではないような気がしています。

問題を整理してみたいと思います。

誰が使うんですか?

2017-05-11

システム開発をして持って行くと、まずお客様に触っていただきます。

 

「見えません・・・」

 

字がちっちゃすぎて見えないって言われるんです(^^;)

最近はないですけどね、デフォルトででっかくしているので

 

システムを使ってくださる方は、担当の方だけではありません。
社内のいろんな人が使われます。

 

それを想定して、多くの人に快適に使っていただけるように工夫しないといけないんですね。
簡単そうで意外と難しいんです。

« 過去の投稿へ