徳島でITとあなたを結ぶお手伝いをしています
IT顧問出退勤管理システムIT活用まんが

行っちゃいました・・・

2017-04-25

今徳島で話題を独占しているイオンモール

 

行っちゃいました・・・

 

行かないつもりだったんだけど・・・

意外と空いているらしいし・・・

 

 

朝ひとつ予定があったので、外に出たついでに行ってみました。

 

 

駐車場はスッと入ってスッと出られました。

 

好きなラーメン屋さんの海外逆輸入バージョンが入っていたので、食べたかったんですが、行列で諦めました(^^;)
IMG_1580.JPG

映画館には改めて行ってみたいと思いました。
でも、やっぱり人が多い・・・

 

あっという間にこれだけの集客をできるパワーってすごいですね。

採用・就活・売り手市場

2017-04-24

来年度の就職活動も本格化してきています。

 

最近は売り手市場と言われていますが、実際に経営者仲間の声を聞くと、思ったように採用できないと聞きます。

これからもっともっと若い世代が減っていくと、より採用難の時代が来るのでしょうね。

 

 

一方、学生側からすると、自分の行きたいところに行けるのかと言えばそうではないのでしょう。

 

企業も求める人材でなければ無理をして取ることは難しい。
特に規模が小さければひとりの新人への期待は大きくなりますよね。

 

 

実際にITが人材不足を補っていくことは間違いないと思います。

そのための準備として、ITに関わる知識や情報を蓄えておきたいですね。

人対人-コミュニケーションのために

2017-04-21

ITは信用していません
コミュニケーションがおろそかになる

 

たまにこう言ったことを言われることがあります。
実際、そう言ったイメージを持っておられる方が多いのだと思います。

 

 

会社対会社
会社対人

 

 

会社も結局は人とのつながりで成り立っています。

 

コミュニケーションを円滑に進めるために、業務の効率をよくするとは考えられないでしょうか。

 

 

やらなければいけない処理がありすぎて手一杯だと、笑顔で接客しづらいですよね。
業務が忙しすぎると、お客様との会話にゆったりとした気持ちで臨めないですよね。

元号が変わること

2017-04-20

昨日はムスコの小学校の参観日から、ムスメの幼稚園の個人懇談、その後プログラミングスクールと・・・落ち着きのない一日でした。

 

さて、ニュースにもなっていますが、天皇陛下の退位が来年2018年末で決まりそうな感じになっています。

 

システム会社として対策しなければいけないこと
それは元号です。

 

シャハルのお客様には和暦表示で使われているシステムが何件かあります。
今のままのシステムで使うと、2019年は平成31年になってしまうのです。

 

 

これではマズい・・・

 

当該システム全改修と言うことになります。
そこで、どうすれば一番効率がいいのか・・・これから考えます(^^;)

 

開発に利用している道具の方で対応してくれる可能性も高いです(^^)

働き方

2017-04-19

最近、テレワークやら、在宅ワークやら色々にぎやかな働き方
ボクもプログラミングスクールの時、こどもを一緒に連れて行くこともあるし、家でこどもを見ながら仕事をすることもあります。

 

よく知ったお取引先さまの打合せ時は、子連れ訪問したりもします(*^_^*)
でも、こればかりは相手の深い理解がないと、今の社会では「ふつう」ではないので、難しいですね。

 

ずっと求人を出していますが、シャハルではもちろん子連れ勤務OKです。

 

 

ネットワークや技術の進歩によって可能になったことなので、これからまた10年後、もっと働き方も変わってくるのでしょうね。
そう言ったことが許される業態・職種とそうでない業態・職種があると思いますけれど。

 

 

先日ふとこどもの頃を思い出しました。

 

小学生の頃、学校が終わると母親の職場に行っていました。
そこで宿題をして、お菓子を食べて、母の同僚の方のこどもと遊んで・・・

 

約30年くらい前かな?
めっちゃ先進的!!!

18年前の今日

2017-04-18

私事ですが・・・(^^;)

18年前の今日、今のヨメと初めて会ったようです。

 

 

なぜ分かったか・・・(・・?

 

 

Facebookが教えてくれたのです。
もちろん、自分で登録しないといけないのですが、登録していると忘れていても毎年教えてくれます。

 

とっても便利だし楽しいですよね♪

 

 

 

さて、こういった機能をシステムに組み込むこともあります。

 

例えば、客層が個人のBtoCの商売の場合

お客様の誕生日をアラートで表示する。

 

飲食店からお誕生日割引招待券なんかが届いたことないですか?
あんな感じですね。

 

行きつけのお店に行くと、自分の誕生日を覚えていてくれたとか、うれしくないですか?

 

 

データを便利に上手に使うと、喜ばれます。

開発なんて誰でもできる

2017-04-17

もう車を運転中だと汗をかく季節になりましたね。
クーラーは切って、窓を開けています。

 

さて、シャハルではプログラミングスクールを運営してこどもたちにプログラムを教えています。
でも、今教えていることと業務システムの開発とはリンクしません。

 

 

なぜか・・・

 

それは、業務システムを作るためには業務を知る必要があるからです。
プログラミングの知識より、業務知識の方がウェイトが高いと思っています。

 

 

最適なのは、使う人が作る!

 

と言ってもなかなかそうもいきませんね(^^;)

 

ただ、最近は開発するためのツールがとても発達してきていて、敷居が低くなってきているのも事実です。

MicrosoftAccessやFileMakerなどは、プログラムを書かなくてもある程度のものができてしまいます。

 

シャハルのお客様には自分で作っておられる方もいらっしゃいますよ。

自分でできるとすごく楽しかったり、最終的にプロに依頼する場合でも、何となく構造が分かっていれば、できることやできないこと、改良点なども見えてきて、面白いと思います。

仕事がなくなる

2017-04-14

人工知能の発展により、多くの仕事がなくなると言われていますが、実は開発の仕事もAIとは全く関係ないところでなくなると言われています。

 

昨日、このような記事を見かけました。

【急速に進むベンダーのIT部門離れ、デジタル化がもたらす構造変化の波】
『SIerの寿命はあと数年』
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/531236/041100082/?itp_leaf_index

 

 

約10年ほど前、まだボクがシステム開発会社でサラリーマンをしていた頃、上司とこんな話をしていました。

 

昔と比べて環境の変化で開発がとても楽になって、ちょっといじるだけでそれなりのものができてしまう。
それにネットワーク環境の進化でクラウドと言う言葉が出てきた。これからはクラウドを使ったサービスがどんどん出てくる。
数千万数億掛けて開発するようなプロジェクトは減ってくるだろうな。

 

 

シャハルでも、大規模なシステム開発はもうほとんど見込めないと考えています。

 

そう言ったプロジェクトで一時的に取引をするより、ずーっとユーザー企業の業務をサポートできるようなビジネスモデルを作った方がいいなぁ。

 

それでできたのがサポートモデルです。
まだまだ試行錯誤で問題点もありますが、効率的に業務を進める体制となって、喜んでいただけています。

 

また、「開発するより人育て」と言う思いが、プログラミングスクールを始めた理由のひとつにもなっています。

ITの進化とネットワーク

2017-04-13

プロ野球が開幕して、2週間が経ちました。

 

応援するカープは開幕から勝ち星を重ねていて、何とかコレが長く続いてほしいと思っています。

 

 

さて、ボクは小学生のころからカープを応援していますが、実は地元広島でも野球中継はホームの試合に限ります。
なので、約半数は見ることが出来ませんでした。

 

しかも、巨人戦より中継延長の時間が短かったように思います。
なので、ほぼすべての試合、ゲームセットまで見ることはできないのです。

 

では、どうしていたかと言うと、地元ラジオ局がすべての試合を試合終了まで放送してくれるので、ラジオで聞いていました。

 

ただ、進学と同時に大阪でひとり暮らしを始めてからは、ほぼ携帯電話での文字情報と、巨人戦・阪神戦に限ってはテレビ放送、後はスポーツニュースが頼りでした。

 

社会人になってからは衛星放送の契約をして、家にいる時はほぼ毎試合見ることが出来るようになりました。

 

 

 

そして今は・・・

 

インターネット放送で、どこにいても見ることが出来ます!
まだまだ普及しきっていないので、全試合ではないですが、半数以上の試合を外出先でも見ることが出来ます。

 

ラジオ中継に限ればどこでも地元広島のラジオ放送を聞くことが出来ます。

 

 

ネットワークのスピードがどんどんどんどん速くなり、今や社会インフラのひとつとなっているためでしょうね。

実は、クラウドサービスも最近出てきた新しい技術のためと言うより、ネットワークの進化によることだと思います。

納品

2017-04-12

今日は午前中、新しいシステムを運用するデータベースサーバを納品に行ってきました!

 

まだデモ段階ですが、実際のシステムの画面を触ってもらって・・・

 

 

「おぉー!!!」

 

 

この瞬間の反応が一番緊張します。

 

まずはひとつ関門クリアです!

 

触ってみると色々要望も出てくるし、早速こういった機能も追加してほしい・・・と言うことが出てきていましたよ。

シャハルのサポートモデルだと、そう言った機能変更や機能追加にも対応できるので便利で喜んでいただいています(^^)

« 過去の投稿へ