徳島でITとあなたを結ぶお手伝いをしています
IT顧問出退勤管理システムIT活用まんが

在庫管理は難しい

2017-06-09

おはようございます。

 

昼間は夏のように暑かったり、朝方は肌寒かったり、こどもたちはふとんを掛けても瞬間的に蹴り飛ばしたり・・・
体調には気を付けましょう(^^)

 

さて、業務の中で結構頭を悩ませる問題が「在庫管理」「棚卸」

在庫はどうやって計算するのでしょう?

仕入(+)と売上(−)の差異、これが在庫です。

なので、多くの場合は販売管理システムがあれば在庫管理は出し入れの計算するだけなのです。

棚卸も、日々の在庫管理と実在庫を突き合わせるだけです。
何日もかかってしまうことはありません。

 

割と簡単

 

合えばね・・・実在庫とデータが・・・

 

やっている人はよくお分かりでしょうが、コレが合わないんです!
データ上在庫100なハズなのに、倉庫には96しかない・・・こんなことザラです。

 

何で?

 

まずはなぜ合わないのかを検証します。
間違いなく、データとモノの流れが一致しないために起きているので、その原因を突き止めます。

 

たとえば・・・
サンプル品を出庫したが、データ登録していない。
返品されたが返品処理していない。
など、いろんなパターンが考えられます。

 

それらを洗い出したうえで、業務フローを整理してひとつずつつぶしていきます。

それの繰り返しで、実体とデータを合致したものにしていきます。

業務の中にバーコード管理を組み入れてもいいですね。
シャハルのお客様ではバーコード管理されている会社さんが何社もありますよ。

仕事がなくなる!?

2017-06-08

四国地方も昨日梅雨入りしましたが、今朝には雨がやんで朝は少し寒く、日が照ってくると蒸し蒸ししますね。

 

昨日は運営するプログラミングスクールでタイピング検定合格者が出、また久しぶりに来てくれた人もいて、うれしいスクールでした(^^)

 

 

さて、ITの進歩は目覚ましいものがあり、最近は多くの仕事が人工知能などに取って代わられるという記事をよく見かけます。

世界的にえら〜い人たちもそういったことを言っているようですね。

 

 

さて、どうでしょう?

 

正解は10年後20年後になってみないと分からないのでしょうけど・・・(^^;)

 

 

国内に目を向けると、人口が急激に減ることが予想され、職業が減り人工知能に取って代わられると言うことは、ある意味合理性があるように思います。

 

また、時代が変わればなくなる仕事があることもそれは当然のことであり、同時に、新たな仕事も生み出されるでしょう。
敢えて悲観し、危機感をあおる必要もないようにも思います。

 

よく例えに使いますがJRのみどりの窓口、あれ、券売機があれば不要なんですよ。
でも、なぜあるんでしょう?
ボクもよく利用します。

 

スーパーのレジ、自動化されつつも従来通りレジ係が立っているレジはありますよね?
なぜすべてを自動レジにしないのでしょう?

 

 

「なくなる仕事」で挙げられる仕事には、雇用は減れど、なくなりはしない仕事も多く含まれているような気がします。

手段と目的と効率化

2017-06-07

目的を見誤ると効率化に失敗します!

失敗と言うか、多分ココが効率化を間違って理解している根源

目的を効率化してしまうと、「機械的」「冷たい」
こんな風なイメージになるのです。

 

効率化すべき部分は「手段」

 

よく例えに出しますが・・・
近所のラーメン屋でラーメンを食べることが目的であれば手段は「車」
ラーメンを食べることに加え「気分転換」「体力維持」が目的になれば手段は「徒歩」「自転車」

切符を買うことが目的なら手段は「券売機」
切符を買うことに加え「コミュニケーションをとる」ことが目的になれば手段は「みどりの窓口」

人依存の恐怖

2017-06-06

勘や記憶って大切ですよね。

 

でも、業務上の勘や記憶と言うのは、とっても怖い
その感覚を持っている人がある日突然いなくなったら・・・?

 

何かを作るときの調合割合とか・・・
お客様別の値段表とか・・・

 

その仕事、できなくなっちゃいますね。
大きな仕事であればあるほど、リスクは高まります。

 

お客様の情報を担当者だけが持っている、知っているってことありませんか?

 

人と人とのつながりは大切にしつつ、情報はしっかりと組織として管理するべきだと思うんです。

 

 

でも、細かいことまで覚えているベテラン担当者さん、ベテラン職人さん、ホンマに凄いと思います。

お客様のカルテ

2017-06-05

昨日の日曜日はムスコのテスト・・・
家族全員寝坊で、大変な目覚めでした(^^;)

 

さて、シャハルのお客様では、個人を対象に事業をされているBtoCのお客様も多くいらっしゃいます。

そう言った業態では、お客様とのやり取りをすべてシステム内で保存している場合が多いです。

 

Aさん・・・お客様
Bさん・・・スタッフ
Cさん・・・スタッフ

Aさんから電話がかかってきました。
Bさんが対応し、質問に対して電話を掛けなおすと伝えて切りました。
BさんがAさんに返事の電話を掛けましたが、Aさんは出られませんでした。
折り返しAさんから電話がありましたが、Bさんは離席中でCさんが電話を取り、対応しました。

 

この時、用件に対してCさんはどこまで把握できているのでしょう。

 

 

とっても簡単なことなのですが、小規模事業所ではなかなかここまでの対応が難しいのが現実です。
何時に、誰と、どんな用件で、やり取りをしたかと言う「カルテ」を登録しておくことで、社内で共有できるようになります。

 

特段難しいことではないけれど、結構困っちゃうことですね

ブログを書くこと

2017-06-02

今日はムスメの幼稚園の親子遠足・・・

実はママが数か月前に責任ある役職に就きまして、なかなか休みを取れないからお前行ってこい!とお達しがありました(^^;)

 

あの・・・ボクも一応毎日仕事しているんですが・・・

と言うことで行ってきます。

 

 

さて、昨年の11月から平日はほぼ毎日ブログを書いているのですが、書くにつれ、文章にすることによって自分の考えが徐々にまとまりつつあることを感じます。

 

自分の主張は何か?
その主張は正しいのか?

 

ちまたでは「効率化」と言う言葉に対してネガティブキャンペーンが展開されているように感じますが、その考え方自体が間違っていることを、最近十分整理し理解することが出来ています。

 

自分の考えをとりとめもなく書いているだけですが、後になって有益だな〜と感じています(^^)

履歴を見ること

2017-06-01

過去のデータを探すとき、どれくらい時間がかかりますか?

 

10秒?
1分?
10分?
30分?
1時間!?

 

効率化が悪でしょうか?

 

効率化とは「不要な」時間短縮です。

 

昨日は久しぶりに近所のラーメン屋「名東軒」に行きました!
歩いて・・・

 

効率化をはき違えている人は、ココは「車」となります。
目的が「ラーメンを食べること」一択なら、「車で行くこと」が正解!
ボクの目的はそれに加え、「気分転換」「運動」も兼ねています。

 

目的によって「効率化」の対象が変わりますね。

電話とメール

2017-05-31

今朝も何回か電話がかかってきました。
メールは24時間届き続けています。

 

ところで、皆さんはおともだち・知り合い・取引先に連絡するとき、何で連絡しますか?

 

ボクは電話やメールの他、最近だとSNSのメッセージ機能を使っています。
便利ですよね(^^)

 

SNSで連絡をとるとき、それはなんででしょう?
電話で連絡をとるとき、それはなんででしょう?

 

SNSって、手軽に連絡できるんですよね。
メールだとかしこまった挨拶やお礼から、、、まぁほぼ定型ですが

 

そして、相手のレスポンスも早い!可能性が高い・・・

 

ボクの場合
レスポンスが欲しいときややり取りをしたいときはSNSを使います。
改まった連絡やSNSで繋がっていない人とのコミュニケーションはメールを使います。
感情を伝えたいとき、考えを誤解されそうだと感じた時は電話を使います。
システム仕様など変更、忘れてはいけないこと、相手と思いを確定し、後に残しておきたいときはメールを使います。

ただ、場合によっては自分の意思に関係なく、相手の意思で消せてしまうメッセージサービスもあるので、気を付けましょう。
メールは一度受信してしまえば、基本的には自分の意思・過失以外で消えることはありません。

 

履歴検索を掛けることで今までのやり取りを見れるので、物忘れの激しいボクは、メッセージやメールは重宝しています。

 

 

それぞれの特徴をうまく使いましょう。

非効率にはコストがかかっていることを実感しま しょう

2017-05-30

今朝は朝一で打ち合せに・・・
いつもムスメを幼稚園に送っていって戻る時間に、打合せを終えて戻ってこられました(^^)

 

さて、打合せの中で話があったのですが、毎日やっている業務の中のごく一部をちょっとだけプログラムに頼ると・・・

 

毎日必ず30分やっている仕事をやらなくてよくなれば・・・

 

そして、コンピュータでもできることを手作業でやっているスタッフの気持ちも・・・

 

 

IT化の時代、何をどうすればいいのでしょうね

 

 

専門家に頼むのが一番手っ取り早いですが、最近はとても簡単に開発できるツールもあります。
少し勉強してみるのも一手ですね

かかりつけ

2017-05-29

よくお電話いただきます。

 

「こんな画面が出てきたんですけど・・・」
「パソコンが立ち上がらないんですけど・・・」
「インターネットが見られないんですけど・・・」

今日も電話をいただきましたー

 

大概は大したことありません。
でも、苦手な人にとっては少しいつもと違うと大騒ぎ
ボクも苦手なことは外注しています。
無理しません(^^;)

 

ぜ〜ったい外注するほうがいいですよ!

 

だって、その道のプロ

 

自社内でやるよりも・・・
・品質はいい
・時間は早い
・コストは・・・場合によると思いますが、自社内で莫大な時間を掛けてやるよりはよっぽどいい!

« 過去の投稿へ 以前の投稿へ »